商品検索

公式アプリは下記のQRコードをスキャンして簡単インストール
公式アプリのダウンロードのご案内

ベッキーキャンドル横浜元町店

  • みなとみらい線元町・中華街駅5番出口徒歩3分
  • 営業日:火曜日〜日曜日
  • 営業時間:平日PM12:00~PM19:00(7月1日~8月31日まで)/土日祝日AM11:00-PM19:00

http://gigaplus.makeshop.jp/beckycandle/becky_shop.jpg
  • 主なメディア情報
    ●『タカトシ温水路線バスの旅』でタカトシさん、温水さん、比企さんがキャンドル体験をしました。
    ●ザ・テレビジョンの取材で嵐の櫻井さんと二宮さんがカービングキャンドル体験をしました。
    ●『ヒルナンデス』で久本雅美さん、河北麻友子さん、藤原一裕(ライセンス)がキャンドル体験しました。
    ●『志村劇場』で志村けんさん、ダチョウ倶楽部さん、優香さんがキャンドル体験しました。
    ●『ぶらり途中下車の旅』で宮川一朗太さんがカービングキャンドル体験しました。
    ●『ファンクラブ会報紙』の企画でサザンオールスターズの原由子さんがキャンドル体験をしました。
    ●『路線バスで寄り道の旅』で徳光和夫さん、田中律子さん、磯山さやかさんが来店しました。
    ●るるぶ横浜版、まっぷる横浜版に掲載していただいています。

    ●『めざましテレビ』でカービングキャンドル体験、『おじゃマップ』等

  • インスタグラム
    2018年 08月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    今日
    2018年 09月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30       
    よくある質問と回答集
    キャンドルアーティスト講座受講生限定コラム・・・キャンドル制作に役立つ情報や知識を不定期でお届けします。記事は受講生限定になります。
    制作に役立つ情報や限定セール案内をお届け ベッキーキャンドル誕生秘話

    トップ > キャンドル用ワックス > みつろう(漂白)【動物性】 > 【中国製】みつろう【漂白】(融点63℃) 粒状  ピラーキャンドル用

    【中国製】みつろう【漂白】(融点63℃) 粒状  ピラーキャンドル用
    【中国製】みつろう【漂白】(融点63℃) 粒状  ピラーキャンドル用
    拡大画像

    【中国製】みつろう【漂白】(融点63℃) 粒状  ピラーキャンドル用

    商品コード : wbew-ch
    製造元 : 中国
    価格 : 円(税込)
    ポイント : 19
    数量
     

    ▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
    数量

    選択
    300g 800円×売り切れ再入荷
    1 1800円
    5kg 8500円×売り切れ再入荷

    1万800円以上のご購入で配送料無料 沖縄県及び離島を除く(送料600円引き)。

    かごに入れる
    すぐに購入
    この商品についてつぶやく
    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ

    商品情報について

    【特徴】
    働きバチの体内にある脂腺より分泌され、体外に放出されたものが凝固したものを精製と脱色処理したワックス。特徴的な芳香が特徴です。マイクロワックスソフトと同様の役割を果たすことが可能ですが、日本製と比較すると柔軟性と粘着力が弱いのでピラーキャンドル用がおススメです。 色はオフホワイトです。


    【使用上の注意点】
    酸化を防ぐためにも、温度の上げ過ぎ(150℃以上)にご注意ください。顔料(ワックス比0.1%以上)を入れ過ぎると、不完全燃焼を起こす可能性があるのでご注意ください。 モールド用に使用する事が出来ます。
    用途にも使用方法は異なりますが、日本製みつろうとブレンドして使用することで柔軟性と粘着力が向上します。

    【特記事項】
    オゾン脱色機を使用しての脱色。
    ●成分分析
    炭化水素:50-55%
    引火点:62〜67℃ 試験値63℃ 
    エステル値:53/g ごく微量の水分を含む


    • ※ワックスは260℃を超えると自然発火する恐れがありますので取り扱いには十分ご注意ください。
    ※電磁調理器で溶かす際は余熱をうまく利用するようにしてください。
    ※水の混入に注意してください。
     

    ページトップへ